かんたん査定見積
フリーダイヤル
営業時間:10時~19時(年中無休 24時間受付可能!) / ウェブは24時間受付中
YOUTUBEチャンネル、ももゆりの時間。ニーゴ・リユースのCMソング制作プロジェクト始動!!

ニーゴ・リユースの
CMソング制作プロジェクト
始動!!

世界中のママさんたちの為に、UHBさんとニーゴ・リユースがタッグを組んで「赤ちゃんが泣き止むCMソング」製作プロジェクトがスタートしました。作詞・作曲をしてくれるのは、UHBの人気アナウンサー、千須和侑里子さんと田辺桃菜さん。UHBさんの非公式YouTubeチャンネル「ももゆりの時間」で、全3部作でアップ予定なので、是非ご覧ください!
第1部 「とりあえずノリと勢いに任せて作った!」

第一部は2021年2月1日に公開されました。 赤ちゃんが泣き止むCM]ソングを制作してくれたのは、UHB北海道文化放送で人気アナウンサーの田辺桃菜さんと千須和侑里子さんです。

田辺桃菜アナウンサー  https://www.uhb.jp/announcer/detail/tanabe.html

千須和侑里子アナウンサー  https://www.uhb.jp/announcer/detail/chisuwa.html

みんテレやいっとこ等のテレビ番組はもちろん、ラジオ等でも活躍されてるお二人なのでご存じの方も多いのではないでしょうか。 そんなお二人に弊社の新しいCMソングを創っていただきました。

実はニーゴ・リユースの新CM企画ですが、弊社としては制作に関わっていません。 関わっていないと言うと語弊があるかもしれないので補足ですが、弊社からこういう曲調にしたい!とか、これはダメです!等の要望も出していないという意味です。 唯一、弊社からUHBさんに依頼した事は『赤ちゃんが泣き止むCMソングを創ってほしい』という事だけ。
なので出来上がるまでどういうCMソングになるのかも弊社としてもわかりませんでした。

このような状況でスタートした企画ですが、第一部はそんな無理難題なお題を真剣に!楽しみながら創りあげていく千須和アナウンサーと田辺アナウンサーのお二人をご覧いただけます。

第2部 「日本音響研究所と作曲家Kの力を借りたら爆誕!」

第二部の公開は2021年3月30日。 第一部から約2か月が経過しました。 第二部では前回出来上がった音源を、日本音響研究所の鈴木 創所長に確認していただきました。

日本音響研究所とは

音声・音響の分析を行う民間の研究所で、これまでに日本で起きた大きな事件の音声解析等も行っている研究所。 他にも、弊社が今回新しいCMソングを制作するきっかけとなった、業界の大先輩である『タケモトピアノ』さんのCMが実は赤ちゃんが泣き止む要素を多数組み込んでいるCMとして解析した事でも有名です。

実際にきいてもらった


今回新しいCMソングの解析を行ってくれた「日本音響研究所の現所長 鈴木 創氏」

これまでの経験とノウハウを惜しみなく使って解析していただきました。 実際に鈴木所長が弊社のフリーダイヤルの「ワンツーワンツー♪」を口ずさんでいただいた時は、どこか感慨深いものがありました。


実際に解析した新CMソングの音域データ

非常に素晴らしい新CMソングが出来たと思っておりましたが、お二人もプロの作曲家ではないのでたくさんの課題をいただきました。
これ以上の音を創るのはさすがに難しい…。

そんな時に助け舟を出していただいたのが『田中K助』さんです。

親しみを込めて『K助さん』と呼ばせていただきますが、実は以前から弊社はお付き合いがあり「音楽の事を相談するならこの方しかいない」ということで今回オファーをいたしました。

千須和さんと田辺さんお二人だけで出来上がった時点でも素晴らしいCMソングでしたが、そこにK助さんのプロのセンスが入る事により、これまでとは違う『音楽』が出来上がったと思います。

第二部に関して総括すると、鈴木所長の助言を基に様々な『音』を田中K助氏に依頼して編曲を依頼しました。

このCMに込める想いとしては『子育て中のパパとママの為に”なんとか”赤ちゃんが泣き止んでくれる為のCMソングを創る』という想いでした。実際にCMを見た方は「あっ!だからここのタイミングで訳のわからない象とか鶏が出てきたのか~!」と、これまでは点だった物が次の点と繋がって、ゆくゆくは線となって答え合わせが出来る回になっていると思いますので、ぜひご覧ください。

第3部 「赤ちゃんが泣き止むCMソングプロジェクト最終章」

ついに最終回です。 第三部は2021年11月5日に公開されました 前回出来上がった『赤ちゃんが泣き止むCMソング』の音源を日本音響研究所の鈴木所長に解析をお願いしました。

すると・・・

・ 導入部分の像の鳴き声の周波数が高くなっているので◎
・ 男性の声も入っていて音楽に厚みも出ていて◎
・ 曲調の変化が惹きつけるポイントになっていて◎

と、鈴木所長から大絶賛をいただきました。

2021年2月から始まったこの企画ですが、集大成のCMソングのレコーディングはここ。

芸森スタジオ & CloudLodge

芸森スタジオとは

“これまでに松山千春、坂本龍一、山下達郎、大貫妙子、竹内まりや、葉加瀬太郎、奥田民生、UVERworld、AK69など多くの一流アーティストの名作がここから生まれ、今も尚、多くの作品が生まれ続けています。”(芸森スタジオHPから引用)

他にも日本を代表するロックユニットのB’zや今ではK-POPの代表的ダンスボーカルグループのBTS等も芸森スタジオでレコーディングをした実績のある、北海道で1番と言っても過言ではないレコーディングスタジオです。

使用している機材はもちろん、現地に置いてあるグランドピアノは『Steinway&Sons -スタインウェイ-』等、”超”がつくほど一級品の機材や楽器を揃えているスタジオです。

そんなスタジオで早速レコーディングが始まりました。転調等もあり苦戦しているようで、千須和さんから「歌いづら!」と苦情が。お気づきかと思いますが、今回のCMソングはももゆりのお二人が創りました。もちろん、K助さんやディレクターさんから盛大なツッコミを受けてました。

ハモリのパート等を何度も歌い直しがありましたが、そこは声をお仕事にされているお二人。その後は難なくレコーディングが終了しました。

これにて2021年2月から始まった壮大なプロジェクトが完結です。

完成したCMがこちら!!

弊社としても、とても魅力的な赤ちゃんが泣き止むCMソングが出来たと思います。是非大切な赤ちゃんに聴かせてあげて下さい。きっと泣き止んでくれると信じています。

最後に

赤ちゃんが泣き止むCソング制作プロジェクトの特設ページをお読みいただきありがとうございます。こうしてCMソングが出来上がったのも、この企画に関わってくださった皆様やYouTubeをみていただいた皆様のおかげです。心より感謝申し上げます。

ニーゴ・リユースは今後も『価値あるモノが循環する社会』を創ることを使命と考え業務を行い、お客様の満足のために良い対応を心掛け、より高く買取り、 世の中に価値あるモノを残すためにこれからも全力を尽くします。

今後とも変わらぬご愛好のほどよろしくお願い申し上げます。

ニーゴ・リユース

ご利用はこちらから!

フリーダイヤル

0120-1212-25

営業時間:10時~19時
(年中無休 24時間受付可能!)

ウェブから申し込み

かんたん査定見積