かんたん査定見積
フリーダイヤル
営業時間:10時~19時(年中無休 24時間受付可能!) / ウェブは24時間受付中

人気の日本製ギターエフェクター!ファズ名機ACE TONE FM-3レビュー!

こんにちは。エフェクター好きのS藤と申します。

突然ですが皆さんはギターエフェクターで好きな種類のエフェクトはありますか?
オーバードライブやディストーション、コーラスにリバーブなど多種多様ですが、筆者は中でもファズが大好きです。
ファズの中にもトーンベンダー系、ビッグマフ系、ファズフェイス系と様々ですが、その中に「ジャパニーズファズ」というカテゴリーがあります。名前の通り日本製のファズで国内外問わず根強いファンが多いイメージです。

そんなジャパニーズファズですが、筆者が知る限り現行品はなく、中古で購入するしか入手する手段が無かったため筆者は1度も弾いたことがありませんでした。
しかし今回ビンテージのジャパニーズファズ、ACE TONEの「FM-3」を入手したため、試奏して感想をお伝えできたらと思います!

ファズの簡単な歴史

ファズは最初のエフェクターとも言われております。

元々「歪み」というものは音楽的に良しとされていなかったのですが、エレキギターを使った音楽が大衆化していき、徐々に広い会場でも演奏するようになりました。そのため遠くの観客にも音が聴こえるようにアンプのボリューム上げていった時に意図せず「歪み」というものが生まれました。その音が「なんかかっこよくね??」という認識に変わっていき「歪み」という音色が大衆にも受け入れられるようになりました。

その後「じゃあアンプのボリューム下がっててもその音出たらめっちゃすげーじゃん」とどこかの天才が発明したのがファズエフェクターです。

ちなみに最初に製品化されたファズはmaestro社のFZ-1(1962年)で、maestro社はかの有名なGibsonの傘下ブランドです。

今回使用するファズは実際に我々ニーゴ・リユースで買取させていただいたものになります!

試奏するファズーACE TONE “FM-3”

今回試奏するファズはACE TONE(エーストーン)のファズ、FM-3(FUZZ MASTER)です。

仕様を見る前にACE TONEの解説をさせていただきます!

ACE TONEとは?

ACE TONEは後に”あの”ローランドを設立する梯郁太郎氏が1960年代に設立した「エース電子工業」の製品ブランドで、電子オルガン、リズムマシン、ギターアンプ、エフェクターなどを主に製造・販売していました。
1963年にはギターアンプ、1966には国内初のファズエフェクターとも言われるFM-1(今回試奏するエフェクターの最初のモデル)を発売し、当時のビートルズやグループ・サウンズの人気もあり知名度を高めていきました。

1968年にはオルガンで有名なハモンド社と資本提携するなど順風満帆なようにも思えましたが、1972年には主要株主の経営悪化により出資比率も変動し、内部での衝突などもあり設立者の梯郁太郎氏はエース電子工業を去り、同年3月にはローランドを設立しました。

ちなみに今回試奏するFM-3は1971年に発売されたそうです。

FM-3 外観

なかなか大きい筐体です。スイッチが2つ付いており片方はブースタースイッチになっています。

ツマミは5つで左からVOLUME / TONE / VOLUME / TONE / SUSTAIN となっており、ファズとブースターで分けられております。歪みのツマミが「SUSTAIN」なのはビッグマフを意識してのことなのでしょうか…?

FUZZのVOLUMEツマミは本体の電源スイッチの役割も兼ねてます。

電源は9V電池のみで、もちろんアダプターはありません。

インプット/アウトプットは本体左側に集約されています。正直マジで使いづらいですが、そこが可愛らしさでもありますね。

ボスコンと比較してもやはり大きい…

試奏してみた。

それでは実際に弾いてみます。今回使うギターはフェンダーメキシコのテレキャスターです。

肝心のサウンドですが、非常に良いです!

ビンテージのファズというとなんとなく使いづらいイメージもあるかも知れませんが、コレはものすごく使いやすいです。

一応比較にと思って、以前から使用していたビッグマフトライアングルの復刻も併せて弾きましたが、万人受けするのは間違いなくFM-3だと思います。

比較に使ったビッグマフトライアングル

詳しい音質ですが、歪みの粒が一般的なファズと比べてだいぶ細かいです!なので、結構歪むオーバードライブとして使うことも全然できると思います!

歪みの幅も広いため、さまざまな使い方が出来そうです。ギター側のボリュームを絞って弾くのもなかなか風情があってグッドです。

あと筆者は弾くまでブースタースイッチはファズの音をブーストしてくれるのかと思っていましたが全然そんな事はなく、ファズの回路を通さず原音をブーストするスイッチでした。ちなみにこっちの音は大して良くなかったです(笑)

ACE TONE “FM-3”を試奏しての感想

いかがでしたでしょうか?

今回は初めてジャパニーズファズの試奏をしてみました。

個人的な感想としては、「思ってた6倍は良いな」という感じです。(100倍とか言うより信憑性ありますよね、ただ本当にめっちゃ良かったです。)

筆者はよくも悪くもジャパニーズファズの沼に足を踏み入れてしまったのかも知れません….

みなさんも素敵なファズライフをお送りください!

また、我々ニーゴ・リユースではエフェクターなども積極的に買取させて頂いております!

もしかしたらあなたが思っている以上の金額がつく物もあるかもしれません、不要になった機材などございましたら是非我々にお問合せください!!

査定申込バナー
ご利用はこちらから!

フリーダイヤル

0120-1212-25

営業時間:10時~19時
(年中無休 24時間受付可能!)

ウェブから申し込み

かんたん査定見積