かんたん査定見積
フリーダイヤル
年中無休(年末年始を除く)10時~19時 / ウェブは24時間受付中

1万点以上の査定をしてきた買取店スタッフが教える裏話!失敗しないビンテージ中古カメラの選び方

中古カメラでも問題なく使えるの?レンズにカビ生えてるのはあり?すぐ壊れて結局高い買い物になったりしない?今回はそんな疑問をお持ちの人に、「中古カメラ買取スタッフである私が自分の中古カメラを買う時にチェックしている所や裏話」をご紹介いたします。

あくまで中古商品なので、買ってみて良い思いをすることもあれば失敗して泣きをみることもあります…。ただ、それでも中古カメラには買いたくなる魅力があります。だって安いんですもん(笑)

良品中古カメラを発掘するためのチェックポイント3

「誰かが使ったモノ」というところを気にしなければ新品も中古も性能は同じです。また、デジタル一眼レフに関しては販売されてから随分と年数が経っていることもあり、新機種と大差ない中古カメラがお手頃な価格で購入出来る良い時代になってきています。まだまだ使える3~5年前の型落ちカメラがとてもお買い得な金額で買えたりするわけです。中古市場を見てみると「こんなに安くなったか!」と驚く商品がゴロゴロしていてるので見ていて夢があります(笑)

そんな中古カメラを選ぶ際の「実は…」な裏話的チェックポイントを3つご紹介します。購入時のチェック項目が網羅されているわけではありませんが、参考になれば幸いです。

①「ハズレ」を引かないための「アタリ」チェック

「アタリ」と聞くと自分にとって良いことのように聞こえますがカメラに関しては全く逆の意味になります。
「アタリ」とはカメラのボディや交換レンズの鏡胴などに、本来はない凹みがあることです。
落としたり激しくぶつけた事によって本体に「へこみ」があったり、樹脂やゴムが「えぐれている」場合があります。

カメラやレンズは精密機械なので落下や強い衝撃に弱く、内部にその衝撃が及んでいたり最悪の場合故障の原因になったりします。特にレンズの部分から落下した場合は絶対と言えるほど影響があると言われております。

中古カメラ屋やネット通販の備考欄に「アタリ有り」「ヘコミ有り」との記載があった場合は要注意です。
せっかく買ったお気に入りのカメラも慣れてきた頃に故障して修理…なんて事になってしまったら目も当てられません。

仮に修理することになった場合、代金は現在キヤノンのEOS(EOS kiss・EOS xxxxD・EOS Mシリーズ)で一律で24,200円(税込)かかります。

「少しぐらいのヘコミなら気にしないし、安いから買っちゃうか!」はちょっと危険です。
全てのアタリ商品が故障するというわけではありませんがやはりカメラは精密機械。高い買い物であまり博打をしたくない私はいつもアタリ商品は避けてしまいます…。美品とアタリ商品の差額が10,000円以下であれば美品を選ぶ方が無難な選択かと思います。(完全に私感ですが…)

②まだいける?意外と大丈夫なカビ有りレンズ

食べ物であればチーズなどの嗜好品を抜かして完全アウトな「カビ」ですが、レンズの場合は”意外と”問題なく写ったりします。

試しに1つ例をご紹介します。今回、使うカビ有りレンズはこちら。

これはかなりカビてますね(笑)

この状態だけを見るとまともに撮れる気が全くしません。ただ、ここまでカビていても意外と普通に写ったりします。

実際カビ有りレンズで撮影した画像がこちら。

アンテナにクモの巣が張ってるので少し紛らわしいですが、意外と大丈夫です!

これは完全に自己責任の世界ですが、多少カビやチリがある場合でも実際使っていくうえで写り的に問題がない場合も多いです。現に中古市場にはかなり多くの「カビ・チリ有り」レンズが出回っており、多くのユーザーによって再利用されています。

状態が良くない分ライバルが少なく、ネットでは「お手頃な金額で購入できて満足した」というユーザーの方もいらっしゃいます。

ただし、後玉に大きめのカビやゴミがある場合は写りに影響が出る場合もあるので注意が必要です。(写りに影響が出るような裏玉カビレンズが無かったので画像は割愛致します。申し訳有りません…)

また、ネット通販やオークションでは「カビ有り・クモリ有り」等の表記がしっかりと記載されており、実際にレンズのカビの状態も掲載されている画像にて確認することが出来ます。

重ねて「自己責任の世界」であることは強く提唱致しますが、勇気を持って安めの「状態が悪すぎないカビレンズ」を買ってみるのもアリかもしれません。店舗にて実機の確認が出来る場合は必ずチェックするようにしましょう。

ただし、他のレンズや装着したボディにカビが転移する場合があり、同じ密閉空間に長い期間入れておくのは危険です。あくまでカビですので取り扱いに注意は必要です。

また、どんなカビ有りレンズでも撮影環境によってはカビが写ってしまう事もありますし、見た目が悪い事もあるので売りに出す際には減点対象になる場合もあります。

③外装もレンズも完璧!でもシャッター回数は?

デジタル一眼レフカメラにはカメラの寿命を知るために必要な「シャッター回数」というチェックしたほうが良い項目があります。

カメラも無限にシャッターが切れるわけではなく、機種によりシャッター耐久回数が決まっております。エントリー機だと約10万回、ハイアマチュア機で約20万回、プロ機だと約30万回以上といった感じです。(あくまで目安です。)

もちろん、この回数を越えて即シャッターが切れなくなるわけではありません。ただ、外観の状態がまだまだキレイでも、シャッターユニットが破損してしまい使えなくなってしまうなんて事もあるので注意が必要です。(乗用車で言うところの走行距離みたいなイメージでしょうか?)

シャッター回数が少ない中古カメラもたくさんあるので、長く愛用したいのであれば極力シャッター回数の少ないカメラを購入することをオススメします。

もしお店で確認出来るのであれば確認しておきましょう。

賢く出費を抑えるなら中古

本当に欲しいモノであれば新品で購入したほうが間違いありません。

ただ、レンズやアクセサリー等あれやこれや買って総額でとんでもない金額になるのがカメラです。「レンズ含めて10万円で抑えたい…」「試しに〇〇のメーカーのカメラを使ってみたい…」そんなときには中古で賢く買うという選択肢もあります。

自分自身の妥協ラインをどこまで上げ下げするかはお財布と相談することになりますが、少しの失敗を回避する知識があれば良品を買うことも十分に可能です。

ぜひ今後ご購入の際に参考にしてみてください!

ご利用はこちらから!

フリーダイヤル

0120-1212-25

10:00~19:00 (土日祝日も営業中)

ウェブから申し込み

かんたん査定見積